FaceBookページ

ビ庵のこころ

明治の頃から、ビ庵はサンヨー養蜂場として養蜂業を営んできました。
地域の養蜂業者と一緒に北海道から九州まで、花を追いかけて全国を旅して採蜜。
2代目・信考(場長)まではそんな、辛いけれど喜びも大きい採蜜生活をしていました。
今は若い3代目・亮介(チーフ)が地元・瀬戸内の養蜂場で、昔と同じ方法で蜂と一緒に働いています。
昔のように日本列島を横断するような旅はありません。
でも、暑い夏には朝5時から過酷な採蜜作業が現在も続いています。


平成元年のこと、2代目の嫁・美代子(オーナー)は、自宅近くにハチミツ食を考える店「ビ庵」を作りました。
「ビ」とはミツバチのbeeと女性として「美」を追求する心を表したもの。
そして、カタカナのビが現代の新しきモノ、「庵」は古きモノを表し、両方を大切にしたいという願いが込められています。
今は娘・繭美(マネージャー)と女性スタッフがハチミツ食品を提供しています。


ビ庵は自社で採れたハチミツを原料の中心として色々なオリジナル食品を開発、発売しています。
プロポリスローヤルゼリー等の健康食材を贅沢に使った「ビ・蜂」や、島根県の柚子産地から直接仕入れた柚子を使用した「柚ハニー」等、他にない商品を取り揃えています。
また、プロポリスも純度にこだわった抽出方法によって、まじめな商品作りを心がけています。
数多くのお客様に愛されて育ったビ庵の商品をお楽しみ下さい。

ビ庵は古くからの養蜂業を営みながら、皆さまの健康のために、ハチミツ食を考えるお店です。
ホームページへのご訪問、心より感謝申し上げます。